5月17日の給食

 

 

 

地粉うどん

かやくうどん

竹輪の磯辺揚げ

つぼ漬けあえ

牛乳

 

 

 

 

かやくうどんのかやくとは、 加薬 と書き、もともとは漢方の用語から派生した言葉です。

料理で使うかやくには、大きく分けて2つの意味があります。

1つ目の意味は、ねぎやごま、しょうがといった、料理に使う薬味や香辛料の総称。

2つ目の意味は、ご飯や麺類に入れる具材という意味です。

これは主に関西地方において使われる言葉で、「かやくうどん」といえばしいたけやかまぼこ、鶏肉、ねぎ、青菜などいろいろな具材が入ったうどんを指します。